口コミで人気のワスノンで物忘れ改善【気軽に始めることが出来る】

鉄の吸収率を考えて選ぶ

血液

さらに効果の出る栄養素

貧血といえばめまいや立ちくらみといった症状を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、頭痛や肩こりや顔色が悪いといったよくあることでも貧血の場合があるのです。貧血の原因は多数あるのですが血液中の赤血球が不足して全身に運ぶ酸素量が少なくなり、体が酸素不足で貧血症状がおこるのです。貧血を改善する栄養素の代表的なものに鉄分があり多くの人が知っていることだと思いますが、鉄サプリならどれでも効果が同じということではないのです。日本でよく使われている鉄サプリにはレバーなどに多く含まれているヘム鉄と野菜などに多く含まれている非ヘム鉄があります。ヘム鉄のほうがはるかに吸収率が良いので、貧血サプリとして利用するときにはこちらを選ぶと効果が出やすくなります。アメリカではもっと優れたフェロケル鉄を使ったサプリがあり、こちらはヘム鉄よりさらに吸収率が高くなっています。貧血サプリとして鉄分をとり続けているだけでは効果は薄く、吸収率のことを考えながら積極的にその他の栄養もとる必要があります。飲み続ける貧血サプリが鉄の吸収をよくするビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸が入っているものか食事で摂取することを考えます。摂取した鉄分は体内でタンパク質と結合し鉄たんぱく質として存在しているので、貧血サプリと同時にタンパク質も多くとるように心がけると効果が出ます。お茶などに含まれるタンニンは鉄の吸収を悪くするので食事中や食後のお茶は避けるようにしましょう。